読み込み中…

dumbo

さぁ、見つけよう。3日坊主にならない習慣の身に付け方を。
探索を開始

継続できない人限定!「習慣化のコツ」について

「良い習慣」を取り入れて「良い生活」へ!

皆さんはもっと「もっと早起きして時間を有効に使いたい!」や「家をずっと綺麗な状態を保ちたい!」など良い習慣を身につけたいと思った事はありませんか?

でも、上手く続かず三日坊主になってしまった経験があると思います。

では、なぜ三日坊主になってしまうのかを考えてみましょう!

習慣化のメカニズムについて理解しよう!

まず、習慣化とはなんでしょうか?
下記の記事にまとめてあります。

記事から抜粋すると、『長い期間で繰り返し行うことで、脳と身体に染み付いた状態』だと言えます。

例を挙げると、『歯磨き』です。
朝起きたら、歯磨きをすると思います。

歯磨きをする理由は「虫歯を作らないため」「口の中をスッキリしたいため」
などが挙げられます。

歯磨きという行動は子供の頃から繰り返し行うことで、
朝起きる➡歯磨きをする」というのが当たり前の行動と感じ、脳にインプットされ習慣化されます。

脳にインプットされることで、
この行動は「辛いこと」、「労力を使うこと」とは感じず簡単にアウトプット出来ます。
この状態が「習慣化」です。

習慣化は「気力」ではなく「方法」で達成しよう!

では、「当たり前の行動」まで慣れるのにはどうしたらいいでしょうか?
多くの人が習慣化は「やる気などの気力」でどうにかしようとします。
「気力」に頼った習慣化方法は習慣化を始めた当初のモチベーションが高い時は継続可能ですが、3日程度経ちモチベーションが低下したタイミングで辞めてしまった経験があると思います。

「気力」に頼らない習慣化方法として「心理学的」アプローチをおすすめします。
一例として「If-Thenルール」をご紹介します。
どういったものかというと習慣化したい行動にルールを決めていきます。
「夜歯を磨いた後は読書をする」など「〇〇をしたらxxをする」というルールを自分で決めます。
ルールを決めることで「やるかやらないか迷う」時間を無くすことができます。迷うと「やらない」という答えに行き着くことが多いため、この時間を無くすことができます。

この「If-thenルール」を決める際には今自分が継続して行っている行動に付け加えることがコツです。「朝起きたら〇〇する」「お風呂からあがったら〇〇する」など日常生活の習慣から新たな習慣を付け加えてみましょう。

このように「気力」に頼らない習慣化の方法は数多く心理学の論文から発表されています。
「気力」のみで継続を行うのはかなり難しいと思うのでぜひ挑戦したい習慣に取り入れて見ましょう!

習慣化をアプリで管理しよう!

今回「If-thenルール」を例に紹介した心理学的方法を19種類ご紹介しています。
自分にあった心理学的方法で習慣化の達成を目指してみませんか?

習慣化アプリ「パビット」について詳しくは下記のページでご紹介しています!

『パビット』は無料でご利用できます!パビットを用いて習慣化達成を目指してみましょう!
下記URLから利用スタート!

https://www.pabit-app.com/

コメントを残す

CAPTCHA