読み込み中…

dumbo

さぁ、見つけよう。3日坊主にならない習慣の身に付け方を。
探索を開始

習慣を定着させる【20秒ルール】について

習慣を定着させる為に手間を少なくすることがとても大切になります。
人間は変化を嫌い、より楽な方へ逃げようとしてしまいます。
そのため、より手間が少ない方が習慣化しやすいです。

1.はじめに



皆さんは習慣を定着させたいと思ったことはありますか?
私はあります。今もとても思ってます。
なぜなら、多くの成功者が習慣の重要性を謳っているからです


将来、成功したいと思う方、もっと成長をしたいと思う方など
習慣について興味を持ったことがあるのではないでしょうか。
このサイトに行き着いた方も「現状を変えたい!」「成長したい!
と考えた結果かと思います。

今回紹介するのはハーバード大学で人気No. 1の人気講師である
ショーン・エイカー氏が提唱した「20秒ルール」といった習慣化方法です。

「20秒ルール」はメンタリストDaiGoさんも動画や書籍でお勧めしている手法です。
習慣化を行う上での超基本となりますので、是非習得して下さい。
※参考図書はサイト後方に記載しています。

2.習慣を身につける為には



【20秒ルール】を説明する前に習慣について少しだけ説明します。
研究結果から、新たな習慣を定着させる為に必要な期間は60日程度と言われています。

意外と長い…
そう思いますよね。。


しかし、習慣は持続するほど楽になっていくものです。
そのため、習慣化に取り組んだ当初の辛さが60日間続くわけではないので
安心して下さい。


では、習慣を身につける為にはどうしたら良いのか。
研究データから、習慣を始めてどれだけ期間が経ってるかにより
2つの要素に分かれると言われております。

簡単に説明すると

1.習慣を始めて30日以下
まだ習慣として全然定着していない時期では
気持ち/意志力が大切と言われています。
そのため、気持ちを持続させるための工夫が必要となります。
具体的な工夫方法については、別記事にてご紹介します。

2.習慣を始めて30日以上
習慣として少しずつ定着し始めた時期では
手間が少ない” ことです。

今回の記事で紹介するのは、2つ目の要素です。
なぜ手間を無くすことが大切なのか、
その重要性から具体的なやり方についてもご紹介していきます。

3.手間をなくす【20秒ルール】とは

先程説明した2つ目の要素である手間を少なくする為に【20秒ルール】を活用しましょう。

【20秒ルール】とは、習慣にしたいことを普段よりも20秒はやく取り組めるようにする。

つまり、習慣を始めるまでの手間を少なくし、取り組みやすく、「気づいたらやっていた!」といった状況を作ることが大切です。

指標として「20秒」と名前がついていますが、5分や10分程、手間を少なくすほど習慣化しやすくなります。
そして、この ”手間” を応用する事で悪い習慣も無くすことができます。
手間が少ないほど習慣が持続できるのであれば、手間を増やせば悪い習慣を無くすことができます。

ショーン・エンカー氏は
「人は20秒以上手間がかかる行動を先延ばしにする傾向がある」と説明しています。では、具体的にいい習慣を続ける為どのように手間を少なくするか、逆に悪い習慣の手間を増やせばよいのか、
シチュエーション毎にいくつか説明します。

4.良い習慣を継続する為の【20秒ルール】の活用例


「運動編」
・毎朝ジムに通う
冒頭でも紹介したショーン・エイカー氏やメンタリストのDaiGoさんは、
毎朝運動を行う為、就寝時トレーニングウェアに着替え、朝起きた時の着替える時間を無くしました。
そのため、起きてから運動をするまでの準備時間が減り、運動を習慣化出来たと言います。

「読書編」
毎日寝る前に読書をする習慣化を付けたい方は、
例えば本を読み終わった後に栞を挟んで本棚に置くのではなく、
本を開いたままテーブルに置いておき、次の日もすぐに読める状態にしておく。
本棚に取りに行き、栞を抜き取る動作が減ります。

5.悪い習慣を無くす【20秒ルール】の活用例

次に悪い習慣、やめたいと思ってる習慣をなくす為の手間を増やす事例を紹介します。


テレビを見る時間を減らす

面白い番組も多く見たいと思っていた番組が終わっても見始めるとダラダラと見てしまうことがありますよね。
この習慣を無くすために例えば、「リモコンの電池を抜いて棚に置く」ことや「テレビの電源ケーブルを抜く」など、
見るときに手間になる要素を盛り込みましょう。
こう言った少しでも手間を増やすことが大切です。


スマホを見る時間を減らす

スマホはついつい触りたくなる要素が多数存在します。TwitterやLINEがまさにそうです。
このスマホ呪縛から逃れる為の、手間を増やす方法として
家ではスマホを棚の上におく」。「外出先では鞄の取りづらいポケットに入れる



こういった本当に小さな手間が悪い習慣から私達を救ってくれます。
皆さんも自分の私生活で手間を増やせる要素を考えてみて下さい。

6.【20秒ルール】参考図書

今回紹介した「20秒ルール」について記されている参考図書を2つ紹介します。「20秒ルール」だけではなく、習慣を身につける為の方法が複数紹介されています。

↓著ショーン・エイカー「成功が約束される選択の法則: 必ず結果が出る今を選ぶ5つの仕組み」
https://www.amazon.co.jp/dp/4198638179/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_oBYFEbVN6Q26A



7.【20秒ルール】のまとめ


今回紹介した習慣化方法は【20秒ルール】
ショーン・エイカー氏やメンタリストDaiGoさんもお勧めしている習慣化方法です。
習慣を継続するためには意志力だけではなく、どれだけ手間を少なくすることが出来るかが重要です。


なので、良い習慣を身につけるためには、行動までの手間を出来るだけ減らす

悪い習慣を無くすためには、行動までの手間を出来るだけ増やす事を意識して下さい。

是非、活用してみてください。

習慣化アプリ【パビット】で習慣化を始める

本サイトで紹介をしている心理学的方法を用いて習慣化達成を目指してみませんか?

パビットについて詳しくは下記のページへお願いします!

『パビット』は無料でご利用できます!パビットを用いて習慣化達成を目指してみましょう!
下記URLから利用スタート!

https://www.pabit-app.com/



コメントを残す

CAPTCHA